歯周病がある程度進行した歯周炎(歯槽膿漏)とは?

歯周病がある程度進行した歯周炎(歯槽膿漏)とは?

歯槽膿漏とは、歯周病菌が歯茎の骨に達し、歯を支えている骨がどんどん崩れていっている状態です。また、歯茎内の雑菌による汚染も完全に進行している状態ですので、歯茎の腫れや膿、ひどい悪臭もあります。

 

歯槽膿漏が確認できる状態では、すでに歯茎の骨への侵食が進行している状態ですので、一刻も早く除菌・殺菌を行い、骨への影響を止めなければなりません。もし、歯茎内の骨が溶かされ続けると、最終的には歯が支えを失い、根本から完全にもげてしまうことになります。

 

歯槽膿漏の多くは歯茎だけでなく、歯に雑菌の塊である歯石や歯垢が大量にこびりついており、場合によっては歯の表面を覆っていることもあります。

 

そしてとくに歯石はブラッシングでは取れない場合がほとんどですので歯科医院に行って取ってもらうことになります。このように歯槽膿漏にまで進行してしまうと、歯茎の内外から雑菌対策を早急に行うことが必要とされ、しかも個人での対策ではどうにもならないことが多いため、病院で集中的な治療を行わなければいけません。

 

ですから、こうなる前に歯周病を予防し、あるいは進行を早い段階で食い止めることが重要となるのです。

 

歯周病の全段階において重要となるのがやはり歯垢の除去です。歯垢をきちんと取り除かない限り、歯周病は進行し続け最終的には歯槽膿漏にまで達してしまいます。

 

正しいブラッシングと定期的な歯磨き習慣を身につけ歯垢の溜まりづらい生活を送ることが大事なことなのです。