歯磨きでしっかり歯周病ケア

歯磨きでしっかり歯周病ケア

歯周病対策として日頃から個人で行えることと言えば何と言っても歯磨きです。

 

歯磨きは歯周病対策の基本にして最大の効果を発揮します。歯磨きを行うことによる歯周病への効果はいくつかありますが、重要な点はブラッシングによる歯垢の除去とマッサージ効果による歯茎の活性化です。

 

まず、歯周病の最大の原因は雑菌の塊である歯垢ですので、これを根こそぎ掻きだして外へ排出するためのブラッシングは歯周病に最も効果の高い対策法であると言えるでしょう。

 

特に食事後の歯垢は唾液が薄まることにより急激に酸性に傾きます。そのため食事後の速やかなブラッシングが歯周病予防に非常に重要です。

 

また、就寝中も唾液の分泌量が大幅に減るために雑菌が繁殖しやすくなります。そのため寝る前の歯磨きが特に重要なことはきっと耳にしたことがあると思います。歯垢除去に最も有効な手段として、丁寧な歯磨きは欠かせないのです。

 

また歯茎へのマッサージとしての歯磨きも歯周病予防に重要なものです。これは歯垢除去を十分に行った上での話ですが、少しの雑菌ですぐに炎症を起こし出血してしまわないような歯茎を作るため、日頃から先の柔らかいブラシでマッサージを行うことは歯茎の健康増進に非常に効果的です。

 

歯茎が健康的で肉付きが良いということは歯と歯茎の間にポケットができにくいということでもあり、その意味でも歯垢の定着阻止による歯周病予防効果が期待できます。いずれにせよ、歯周病の多くは歯茎の病気ですので、歯茎を直接ケアすることも重要です。