歯周病になる原因

歯周病になる原因

歯周病の原因は何と言っても歯周病菌です。口腔内には歯周病菌や雑菌が繁殖しやすい環境が整っているため、口腔ケアをこまめに行なっていないとすぐに歯周病にかかりやすい環境となってしまいます。

 

歯茎と歯の間の歯周ポケットや歯と歯のわずかな隙間など、食べかすや雑菌がたまりやすい環境は口腔内にたくさんあります。

 

これらをこまめに歯磨きで取り除かないことはもちろん歯周病のリスクを大幅に高めますが、そもそもこういった食べかすがたまりやすいようなポケットや隙間などができる原因である、歯の咬み合わせの悪さや歯茎の痩せなどが歯周病の原因となってしまい、根本的な対策が必要とされるのです。

 

歯周病の原因の中で特にリスクが高いのは細菌の塊である歯垢や歯石です。歯垢や歯石の中に溜まった細菌類は酸を生み出して虫歯を作る他、歯茎の中にも入り込んで歯周病を進行させます。

 

そのため歯垢や歯石は速やかに取り除くことが重要ですが、そもそもこれらを作らないような予防が最も大事であり、常日頃からの正しいブラッシングや口腔洗浄剤などによる殺菌と除菌を習慣付けることが重要と言えます。

 

歯茎は非常に敏感な組織であり、歯垢を数日放置しただけで歯垢の細菌による歯茎はすぐに炎症を起こします。

 

この段階ですぐに歯垢を除去し除菌を行い、十分なケアをすれば歯肉炎は大抵の場合すぐに治ります。一方で慢性化してしまうと歯周病は非常に治すのが困難になりますので、常日頃からの対策を心がけましょう。